チッタゴンへのアクセス

スポンサードリンク

バングラデシュ各都市からチッタゴンへのアクセス方法をご紹介します。

chittagong-traincredit: nurulam.in russel

ダッカから

飛行機

ノヴォエア、リージェント航空、ユナイテッド・エアウェイズの3社が、毎日数便を運航しています。所要時間は約50分、料金は4000〜8000Tk程度です。最も早く行ける方法なので、短期旅行者やビジネスマンにオススメ。

バス

ショハグ、グリーン・ライン、ハニフなど各社からエアコン付きのデラックスバスが運行されています。また、サエダバッド・バスターミナルから、ノン・エアコンの格安バスも多数運行されています。所要時間は渋滞状況により、6〜10時間と幅があります。料金はエアコンの有無やバスのランクなどにより、500〜1200Tkほど。

鉄道

ダッカ中央駅(コムラプール駅)から、7〜11時間程度です。バングラデシュの電車は頻繁に遅れるので、急ぎの方は避けたほうが良いでしょう。朝8時台から、夜22時台まで、毎日複数の電車が出ています。7時間半程度で着くエクスプレスの他、10〜11時間ほど掛かる急行もあります。料金は、約200Tk(3等座席)〜約1200Tk(寝台)まで5段階ほどあり、予算に応じて選べます。

スポンサードリンク

コックス・バザールから

各バス会社のオフィス前から、1時間に1〜2本のペースで出ています。所要時間は3〜4時間程度。普通バスは400Tk、エアコンバスは650Tkほど。明るい時間に到着できるように、午前中もしくは午後早めの時間に出発すると良いでしょう。

クミッラから

トムソン・ブリッジ・バスターミナルから、約4時間程度で到着します。料金は約200Tkと安めですが、チッタゴンの街の外れに到着するので、CNGで中心街に移動する必要があります。CNGの料金は80〜100Tk程度。

シレットから

鉄道路線があります。22:30発〜翌13:15着(14時間45分)、10:15発〜19:30着(9時間15分、土曜は運休)の1日2本。運賃は、100Tk(3等座席)〜455Tk(1等寝台)まで幅があり。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る