コックス・バザールの観光スポット

スポンサードリンク

コックス・バザールは、チッタゴンから南に約150kmの観光の街です。コックス・バザール市内と郊外の観光スポットをまとめてご紹介します!

市内の観光スポット

コックス・バザール・ビーチ

coxs-bazar-beachPhoto by dhakatribune.com

世界最長とされるビーチは、全長125kmもあります。観光シーズンの週末には、バングラデシュ人の家族連れや若者で賑わいます。特に暑さの和らぐ夕方から日没までの時間は大混雑!

ビーチにはデッキチェアやパラソルが並び、乗馬、サンドバギー、モーターボートなどの客引きが声を掛けてきます。ですが、ここはイスラム圏。泳いでいる人は少なく、服のまま海に入っている不思議な光景が見られます。

アッガメダ仏教僧院

Aggamedha-Buddhist-MonasteryPhoto by

アッガメダ仏教僧院は、メイン通り沿いのバルミズ・マーケット付近から、やや南に外れた所にある、ラカイン人たちの仏教僧院です。1130年に創建された由緒ある僧院で、現在の建物も250年以上の歴史があります。

境内は土足厳禁で、仏像の写真撮影も禁止されています。僧院の裏手には、仏塔(パゴダ)や寺院もあります。イスラム教国の中にある仏教僧院を、ぜひ観に行ってみてください!

  • アクセス:ゼロ・ポイント(Main Rd.とMote Rd.の接続ポイントのこと)からメイン通りを東に約1.5km、徒歩20分ほど。
  • 営業時間:7:30〜11:00、13:00〜18:30(毎日見学可)
  • 見学料:見学料の設定はありませんが、50Tk程度の寄付をすると良いでしょう。

バルミズ・マーケット

burmese-marketPhoto by explorepacwithscarecrow

英語の「バーミーズ(burmese、「ビルマの」の意)」が訛って、地元の人々から「バルミズ・マーケット」と呼ばれています。ビルマ人(ラカイン人)による衣料品や手工芸品、土産物などを扱う商店が軒を連ねるエリアで、国境を超えてミャンマーから運ばれてくる商品も売られています。

  • アクセス:ゼロ・ポイントからメイン通りを東に約1.5km、徒歩20分ほど。
  • 営業時間:店舗によりますが、10:00〜20:00がメイン(休日は基本的になし)

バハルチョラ仏教僧院

baharchara-buddhist-monasteryPhoto by jiayoublues’s groups

コックス・バザール市街地の背後にある丘の下に、塀で囲まれたラカイン人の仏教僧院があります。やや場所が分かりにくいが、近くまで行って地元の人に聞けば教えてくれます。

創建は1891年で、現在の建物は2004年に完成した新しいものです。僧院の裏にある丘の上には、小さな白い仏塔(パゴダ)が経っており、コックス・バザール市街地を見渡す眺望を楽しむこともできます。

【アクセス】ゼロ・ポイントから徒歩15分ほど。メイン通りを東に進み、バルミズ・マーケットの手前で右折し、道なりに800mほど南下します。途中で地元の人に聞きながら行くと見つけられるでしょう。

スポンサードリンク

郊外の観光スポット

モヘシュカリ島

adinath-mandirPhoto by geolocation.ws

モヘシュカリ島は、コックス・バザールの北西6km地点に浮かぶマングローブに囲まれた島です。南北20km、東西8kmの大きな島で、ボートが着岸する桟橋は徒歩10分ほど掛かるので、頑張って歩きましょう。

桟橋が終わると、小さな街があります。そこには、ビルマ系の仏教僧院があり、ラカイン人たちの姿があります。また、リキシャで20分ほど行った島の北側には、シヴァ神を祀るヒンドゥー教のアディナート寺院もあり、イスラム教国のバングラデシュでは異国情緒のある島です。

アディナート寺院は、ヒンドゥー教の祭日には参拝客で賑わい、バングラデシュでは珍しいサドゥー(ヒンドゥー教の修行者)の姿を見ることもできます。リキシャで行けるのは麓までで、そこから先は階段を5分ほど登る必要があります。

日帰り観光スポットとしてオススメですので、コックス・バザールで時間の余裕がある方は、ぜひ訪れてみてください!

【アクセス】①エアポート通り沿いにあるフィッシュ・マーケット近くの桟橋から、定員30名ほどの普通ボートが出ています。所要約40分、料金は30Tkほど。②Thana通りの突き当りにあるカストラ・ガットから、定員0人のスピードボートが出ています。所要約20分、料金は80Tkほど。(※どちらも人が集まり次第の出発なので、定員の少ないスピードボートの方が頻繁に出発します。また、島から帰るボートは18時頃が最終ですので要注意!)

イナニ・ビーチ

inani-beachPhoto by skyscrapercity.com

コックス・バザールからビーチ沿いの道を約20kmほど南下すると、バングラデシュ人に人気のイナニ・ビーチがあります。ここまで来る人は少ないため、静かで落ち着いた雰囲気があります。ビーチの片隅には岩場がありますが、これはバングラデシュでは珍しい光景です。

【アクセス】後述のヒムチョリを合わせて観光するのがベター。CNGで片道30分程度ですが、帰りのCNGを見付けるのは大変ですので、往復1000Tk前後で交渉しましょう。

ヒムチョリ

himchariPhoto by wikimedia.org

ヒムチョリは、前述のイナニ・ビーチに行く途中にある、現地人に人気のピクニック・スポットです。ビーチの他にも、丘の麓にある小さな滝、土産物屋、丘の上の展望台などがあります。特に展望台からの眺めは絶景で、夕暮れ時には海に沈む太陽を観る人で賑わいます。ビーチではサンドバギーや乗馬などのアクティビティもできます。外国人は93Tkの入場料が必要。

【アクセス】コックスバザール市街地からCNGで片道20分ほど。帰りのCNGを見付けるのは大変ですので、往復600Tk前後で交渉しましょう。時間に余裕があれば、前述のイナニ・ビーチとセットで観光するのがオススメ。その場合は1000TK前後が相場。

ラカイン人の住むラムー村

ramu-villagePhoto by travel-bd24

ラムー村は、コックス・バザール東へ約15km、CNGで約30分ほどの場所にあります。チッタゴン丘陵地帯にあるラカイン人(仏教徒)の小さな村で、仏教僧院や寺院、仏塔などがあります。寺院にはブロンズや金銀製の仏像が納められており、一見の価値があります。

【アクセス】コックス・バザール市街地からCNGで片道30分ほど。往復1000Tk程度で交渉しましょう。予算を節約したい場合は、バルミズ・マーケット付近から乗合CNGが出ることもあります

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る