現地通貨「タカ(Tk)」への両替はどこでする!?

スポンサードリンク

バングラデシュの通貨はタカ(Tk)です。日本国内では、基本的にバングラデシュ・タカへの両替はできません。日本円または米ドルを持込み、現地の銀行や両替屋で両替することになります。

バングラデシュ・タカに交換できる通貨は!?

moneyexchange1photo by rediff

タカに交換できる通貨は主に「米ドル」「ポンド」「ユーロ」「日本円」の紙幣です。バングラデシュ国内では、米ドルの通用度が最も高いので、特にダッカ以外の地方都市に行く予定がある場合には、米ドルを用意しておきましょう。また、帰国の際に余ったバングラデシュ・タカは、米ドルに戻して持ち帰るのが、レートの面でも1番有利です。

日本人の場合、日本円をそのまま持っていくか、米ドルを持っていくか、迷うところです。タカへの両替レートだけを見れば、米ドルの方が有利です。しかし、日本円⇒米ドルの両替にも手数料が掛かることを考えると、二重に手数料を払うことになります。そのため、格安レートで米ドルに両替できるので無い限りは、日本円を持ち込むということで良いでしょう。

現金で両替のできる場所

moneyexchange2photo by amaderbudhbar

銀行

銀行の支店で外貨両替ができますが、パスポートとサインが必要です。空港にも銀行の両替所がありますが、レートが良くないので、必要最小限の金額だけ両替するのがポイントです。

両替商

両替商は、ダッカのモティジールやグルシャン等の繁華街にあります。特にグルシャンには、合計30軒以上の両替商があるので、複数店舗を比較してレートの良い両替商を選びましょう。これらは、俗にいう闇両替ではなく、きちんと政府から許可を取っているので、基本的には安心です。

ホテル

ダッカの高級ホテルでは両替サービスを行っている所もあり、緊急時には便利です。USドルであればほぼ確実に交換可能ですが、日本円からの両替が可能なホテルもあります。

スポンサードリンク

国際キャッシュカード・クレジットカードで現地通貨を引き出す

money3photo by dhakatribune

国際キャッシュカード、VISAデビットカード、クレジットカードなどを使って、バングラデシュ国内のATMから現地通貨タカを引き出すことができます。その日のレートが適用され、両替商より手数料・レートは悪いですが、現金を持ち歩く必要がないため、利便性や安全性は高いです。ただ、ATMの機械によっては故障や不具合で、カードが出てこなくなるトラブルもあります。使用するATMは、外国人がよく使う銀行や街中のATMにしましょう。

外貨両替の際の注意点

バングラデシュで外貨両替をする際には、下記の点に気を付けてください。

  1. 両替してもらったタカは、必ずその場で枚数を数えること
  2. 明らかな偽札を掴まされてないか、必ずその場で確認すること
  3. 日本の旧1万円札(ホログラムの無いもの)は両替レートが下がる場合あり
  4. 両替屋・ATMなどを離れる際は、スリやひったくりに注意すること

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る