露店で買える人気のスナック・軽食

スポンサードリンク

バングラデシュの街中を歩いていると、あちこちに露店を見かけます。他のアジアの国と同様、スナック感覚で食べられるストリートフードは大人気。この記事では、代表的なものを写真付きで紹介します!

フスカ

food1photo by tumblr

芋や豆を皮で包んで揚げたものです。上にはネギなど野菜が乗っていることが多く、見た目はたこ焼きのようです。旅行者にも大人気の露店メニューです。

プリ

snack1photo by pinterest

小麦粉の生地を中が空洞になるまで揚げたもの。中に具材を入れたりスープをかけて食べます。

ジラピ

snack2photo by zawaj

練った小麦粉をくるくると巻いて、油で揚げ、甘いシロップにつけたお菓子です。店によって味に違いもあり、楽しめます。

スポンサードリンク

ハリム

halimPhoto by cannelleetcardamome.blogspot.com

「ハーレム」が語源というように、骨付きの牛やヤギのモツ、豆等を一緒に煮込み、カレースープで仕上げます。臭みがあり、辛いのですが、米やナンと一緒に食べると食事にもなることから人気です。

チョウメン

chomenPhoto by deebasrecipe

太めのそうめんのような麺を炒めたり揚げたりしたものを「チョウメン」といいます。魚介類、野菜、チキン、卵等、お店によって様々なチョウメンを食べることができます。

アルチョップ

sunackphoto by jishankhan

じゃがいもにひき肉や豆、唐辛子やカレーの香辛料を入れたコロッケです。とにかくバングラデシュの人は揚げ物が大好き。お店を取り囲むお客さんの人数からも、その人気ぶりが覗えます。

まとめ

バングラデシュに旅行に行ったら、ぜひ一度は、露店のスナックや軽食を食べてみてください!

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る